結婚したい人に出会える

結婚したい人にとって婚活サービスはすばらしい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

「婚活」という言葉がメジャーなものとなって久しいですが、婚活を始めることに対して抵抗があるという方はまだまだ多いのではないでしょうか。そんな方のために、婚活サービスの実態をまとめてみました。

 

年々婚活サービスを使って結婚している人が増えている

ブライダル総研 婚活実態調査2016』によれば、2015年に結婚した人のうち、婚活サービス(結婚相談所、婚活サイト・アプリ、恋活サイト・アプリ、婚活パーティ・イベント)のいずれかを利用し、そのサービスで「結婚できた」と回答した人の割合は8.3%(約12人に1人)だったそうです。
8.3%という数字を高いとみるか低いと見るかは人それぞれですが、選択肢の1つとして存在感を示しているのは疑いのない事実です。

婚活サービスによって結婚した人の割合

その他の手段としては、「合コン」「知人の紹介」「出会いの機会になりそうな場にはできる限り参加する」などが主要な婚活手段となっていますが、実際に結婚に結び付いた割合(婚活を通じて、結婚できた割合)においては、2位に「結婚相談所」、3位に「婚活サイト・アプリ」、4位に「婚活パーティ・イベント」がランクインしており、婚活サービスの利用が結婚に結び付いている実態がうかがえます。

この実態調査から分かることは、「出会いの場」=「結婚相手を探す場」ではないということです。婚活の手段として最も実践した人の割合が高かったのが「合コン」ですが、結婚に結び付いた人の割合としては6位にとどまりました。

また、「婚活サイト・アプリ」が結婚に結び付いている一方で、「恋活サイト・アプリ」は結婚に結び付いた人の割合において7位であり、婚活サービスの中では後れを取っています。

結婚するためには、結婚のための出会いの場に飛び込むことが大切です。

婚活を通じて結婚できた割合

 

 

 

結婚したい人の平均4人に1人は婚活サービスを利用したいと思っている

前述の実態調査において、婚活サービスを利用したいという意向のある人の割合は25.3%でした。これは4人に1人という割合で、婚活サービスが婚活の手段としてポピュラーなものとなってきたということです。一方で、利用経験のある人の割合は17.5%にとどまっており、婚活サービスの利用を躊躇してしまう人も少なからず存在するという実態が浮き彫りになっています。

婚活サービスを利用したい気持ち

 

同調査では、婚活サービスを利用したいと思うきっかけとして、第2位に「自然な出会いでは難しいと思ったとき」が挙げられています。婚活サービスが「自然な出会い」としては認知されていないという側面は確かにあると思います。

別の調査『国立社会保障・人口問題研究所「第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)」』によれば、2015年に結婚した人の割合が高いのは「知人の紹介」(30.9%)「職場での出会い」(29.1%)で、この2つでちょうど60%を占めています。これらに続くのが「学校での出会い」で、11.7%、その次は「お見合い」の6.5%です。全体に占める割合という意味でも、イメージという意味でも、多くの人が自然な出会いとして考えるのは「知人の紹介」「職場での出会い」「学校での出会い」の3つだと思います。

「ガツガツと結婚相手を探すのではなく、自然に出会った人と自然に仲良くなって、自然に結婚したい」というのが多くの人にとって、理想なのではないでしょうか。

しかし、あえて心を鬼にして言わせてもらいます。アラサー、アラフォーの方が今から自然な出会いを期待するのは無謀なんです。この年代の方々にとって、学校のように生活のほとんどを一緒に過ごす相手がいる環境は職場くらいしかありませんが、アラサーにも差し掛かると勤続年数も10年近くになり、職場仲間と結婚することは考えにくくなってきてしまいます。年齢的に、新入社員も結婚相手にはなりません。もう職場での出会いは望めないんです。

また、趣味のサークルなどでの出会いというのもありますが、週に1〜2回顔を合わせる程度でしょうから、自然に仲良くなるのは難しいと思います。どちらかから熱烈なアプローチがあれば別ですが、サークルクラッシャーとならないよう気を付けなければなりません。

大人になってしまうと、しがらみが多くて大変です。

結局、「知人の紹介」を受けるか、「お見合い」をしてみる、あるいは、「婚活サービス」を利用するというのが現実的な方法と言えるでしょう。

ちなみに、「婚活サービス」を通じて結婚した人の割合は全体の8.3%だと先ほど書きましたが、8.3%というのは結婚のきっかけとしては「お見合い」の6.5%をしのぐ割合です。

「知人の紹介」が望めないのであれば、「婚活サービス」の利用が幸せな結婚のための最有力手段となるわけです。

 

婚活サービスは出会えない人と出会えて、自分に合った幸せな結婚ができる

かつて「お見合い」は結婚のきっかけの大半を占めていましたが、今では6.5%にとどまってしまっています。「お見合い」に代わる手段を考えない限り、幸せな結婚にはたどり着けない時代になってしまったのです。

異性と自然に出会って結婚することができないまま、アラサー、アラフォーを迎えてしまった方々が幸せな結婚をするためには、婚活サービスを使うことへのこだわりを捨てることが大事です。

自然に出会えなかった人、自分から求めた出会いの中に、あなたを幸せにしてくれる人がきっといるはずです。

 

結婚したい人と婚活サービスを使って出会う

 

 

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


関連記事


結婚相談所おすすめランキング


おすすめ記事


スポンサードリンク


幸せな結婚をするための7つの知恵

  1. 自分を知る

    1幸せな結婚をするために|自分を知る

    「自分がどんな人か知っていますか?」「自分のことだから自分が一番よく知ってますよ!」とPCやスマ…
  2. 理想の結婚相手

    2 幸せな結婚をするために|自分が考える理想の結婚相手を知る

    「いい人がいれば結婚したい!」と思ってはいるけれど…「あなたのいい人、理想の結婚相手はどんな人で…
  3. 婚活をする

    3 幸せな結婚をするために|「婚活をする」ということを知る

     婚活ってどんなことをするの?「理想の結婚相手」と出会って幸せな結婚がしたい人は行動しましょう。…
  4. 幸せな結婚をするために婚活をする

    4 幸せな結婚をするために|出会いをつくる

    出会うには…これから「幸せな結婚をするために婚活を頑張る」と決意した人は、「出会い」を大切にしま…
  5. メールやSNSを活用して結婚相手をみつける

    5 幸せな結婚をするために|メールやSNSを上手に活用する

    最近、電車に乗ると、前に座っている人たちのほとんどがスマートフォン(スマホ)やタブレットを見ていると…
  6. 婚活をあきらめないで

    6 幸せな結婚をするために|結婚をあきらめない

    婚活を始めてすぐ「理想の結婚相手」と巡り会う人がいます。ある女性の場合:その人は、すごく運の…
  7. 体験談から学ぶ

    7 幸せな結婚をするために|体験談から学ぶ

    幸せな結婚をするための婚活体験談【30歳代の女性Mさん】私は4年付き合ってきた元カレと結婚するつ…