支え合える相手と結婚する

結婚したい相手ってどんな人?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

幸せな結婚はひとりではできません。言うまでもないことですが、結婚はふたりでするものです。自分が結婚したいと思える相手がいて、相手も自分と結婚したいと思ってくれてはじめて結婚が成立します。

そこで、ここでは結婚したくなる人とはどんな人なのか、考えてみたいと思います。

 

私を幸せにしてくれる人はどんな人?

幸せって、そもそも何でしょう。ひとりでいても、幸せを感じる瞬間はあるはずです。趣味に打ち込んでいるときだったり、おいしいものを食べたときだったり、キレイな景色を見たときだったり、幸せな瞬間はひとりでも得ることができます。

では、ふたりでいれば幸せでしょうか。ふたりで幸せを得ることはむしろひとりのときよりも難しいことなのかもしれません。趣味が合わなかったり、食べ物の好みが合わなかったり、歩く速さが違ったりと、ふたりで幸せな瞬間を味わうためにはどちらかが我慢しなければならないこともあります。

ですが、私たちの人生は80年間もあります。80年間という長い時間をひとりで過ごすのは、多くの人にとって耐え難いさびしさを伴うものです。私たちが考える普通の人生というのは、ふたりでなければ経験できないステージがいくつも用意されていて、「結婚」「出産」「子育て」などがまさにそれです。これらを経験せずに人生を終えるのは物足りなさを感じてしまうのではないでしょうか。

幸せな結婚というのは、ある瞬間を指すものではありません。例えば婚姻届けを出す瞬間が幸せなのではなく、それがスタートとなって始まる生活の中をふたりで作り上げていけることが幸せなのです。

昔の学園ドラマで「人という字は人と人が支え合ってできている」という言葉がありましたが、そんなキレイごとを真に受けている方は今ではあまりおられないでしょう。「ただお互いに寄りかかっているだけ」とか、「明らかに左側の大きいやつが楽をしている」とか、様々な論評があります。

しかし、お互いに何の負担をかけあうことなく一緒に生活していくことは絶対にできません。迷惑をかけあって、それでも一緒にいてくれる相手といることができるから、結婚生活は幸せになるんです。支え合っていようと、寄りかかり合っていようと、左側のやつが楽をしていようと、足並みを揃えて80年間を歩いてくれる相手であれば、いくつもの幸せを作り上げていくことができるはずです。

「結婚」も「出産」も「子育て」も、とても大変なことです。それらを一緒に乗り越えていける相手こそ、あなたを幸せにしてくれる人です。

支え合える結婚相手

 

見極めるポイント

80年間という長い時間をどう過ごしたいのかを考えてみてください。

30歳で結婚したとして、80歳まで結婚相手とラブラブでしょうか。残念なことに、そんなご老人は現実には見かけません。憧れる生き様ではありますが、現実的ではないでしょう。

例えば、30歳で結婚して、32歳で子供を産むとします。子供が小さいうちは家庭のことで手一杯です。早くとも子供が巣立つのは18歳頃でしょうから、再びふたりの生活が戻ってくるのは、50歳になる頃です。

人生はあと約30年、長いようで短いこの時間を、あなたと結婚相手はどのように過ごしますか? 穏やかにふたりの時間を過ごすことはできますか?

それまでの人生をふたりで歩んできた夫婦なら、きっと穏やかな老後を過ごすことができるでしょう。ふたりで支え合って生きていくことができるはずです。

相手に寄りかかって生きてきたのならどうでしょうか。旦那をATMとして見てきた奥様は、もう旦那に価値を見出すことができません。お金の出ないATMと残りの人生を過ごすことになります。

若い妻をもらって浮かれていた旦那様は、もう決して若くはない奥様に愛情を持ち続けることができるでしょうか。それとも、若い別の女のところに行ってしまうでしょうか。

ポイントは、相手に寄りかかるだけでは幸せにはなれないということです。そして、誰もが、支え合って生きていける人を探しているということです。

幸せな結婚をする

 

選ばれる人になるために

例えば、ふたりで旅行に行って、自分のミスでトラブルに遭ってしまった。そんなとき、相手がトラブルを乗り越えるために知恵を絞り、手伝ってくれたおかげで旅行が大成功に終わります。そんな相手は、自分にとって特別な相手にはならないでしょうか。

ふたりでトラブルを乗り越えた経験は、結婚してからも大切な財産になります。楽しいとき、うまくいっているときだけの関係というのも、恋人としてならばありだと思いますが、つらいときも苦しいときもふたりで乗り越えていかなければならないのが結婚生活です。

結婚相手を探すときは、「この人とふたりで人生という長い道のりを歩いていくんだ」という気持ちを忘れないでください。どんどんトラブルに遭ってください。そして、相手を支えてあげてください。同時に、相手は自分を支えてくれるかどうか、確かめてください。つらいときも苦しいときもあなたと一緒に支え合って困難を乗り越えてくれる人は、人生においてかけがえのないパートナーになることができます。

そんな人こそが結婚したくなる人なのではないでしょうか。

 

 

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly


関連記事


結婚相談所おすすめランキング


おすすめ記事


スポンサードリンク


幸せな結婚をするための7つの知恵

  1. 自分を知る

    1幸せな結婚をするために|自分を知る

    「自分がどんな人か知っていますか?」「自分のことだから自分が一番よく知ってますよ!」とPCやスマ…
  2. 理想の結婚相手

    2 幸せな結婚をするために|自分が考える理想の結婚相手を知る

    「いい人がいれば結婚したい!」と思ってはいるけれど…「あなたのいい人、理想の結婚相手はどんな人で…
  3. 婚活をする

    3 幸せな結婚をするために|「婚活をする」ということを知る

     婚活ってどんなことをするの?「理想の結婚相手」と出会って幸せな結婚がしたい人は行動しましょう。…
  4. 幸せな結婚をするために婚活をする

    4 幸せな結婚をするために|出会いをつくる

    出会うには…これから「幸せな結婚をするために婚活を頑張る」と決意した人は、「出会い」を大切にしま…
  5. メールやSNSを活用して結婚相手をみつける

    5 幸せな結婚をするために|メールやSNSを上手に活用する

    最近、電車に乗ると、前に座っている人たちのほとんどがスマートフォン(スマホ)やタブレットを見ていると…
  6. 婚活をあきらめないで

    6 幸せな結婚をするために|結婚をあきらめない

    婚活を始めてすぐ「理想の結婚相手」と巡り会う人がいます。ある女性の場合:その人は、すごく運の…
  7. 体験談から学ぶ

    7 幸せな結婚をするために|体験談から学ぶ

    幸せな結婚をするための婚活体験談【30歳代の女性Mさん】私は4年付き合ってきた元カレと結婚するつ…